This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 一過性の不眠と慢性的な不眠

一過性の不眠と慢性的な不眠

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠の場合と慢性的な不眠の場合があります。一過性の不眠とは、一時的なもので、数日~数週間程度続いても、それ以上長引くことのない不眠のことを言います。一過性の不眠の原因は人それぞれ、いろいろと考えられます。

たとえば、
・騒音や温度、湿度の不快感など、環境的な要因によるもの
・時差ぼけなどのように睡眠時間が変化したことによるもの
・家族の不幸など、精神的に大きなストレスがかかったことによるもの
・入学試験や大事な会議など、極度の緊張感によるもの
・一過性の病気が原因のもの
などがあげられます。

このように、一過性の不眠は、気持ちが高ぶったときや気がかりなことがあるときなどに起こることがほとんどです。

一過性とは言え、眠れないときはとてもつらいと思います。しかし、その原因が自分で分かっていて、それが数日経てば解消するのであれば、慢性的な不眠と比べてそんなに心配することはないでしょう。

ところで、なぜ私たちは、気がかりな事があったり、精神的なストレスがあると不眠になってしまうのでしょうか?人間は本来、体内時計の働きによって、生活のリズムがきちんと整っていれば、自然と決まった時刻に眠気を感じ、すんなりと眠りに入ることができます。ところが、何らかの心配事をかかえていると、脳が覚醒し続けるように働いてしまい、なかなか眠ることができなくなってしまうのです。

ではなぜ、心配事をかかえていると脳は覚醒し続けようと働くのでしょうか?それは、はるか昔、まだ洞窟などで生活していた私たちの祖先は、いつも恐ろしい肉食動物に襲われるのではないかという危険と隣りあわせの状態で、毎日生活をしていました。そんな環境の中では、決してゆっくり眠っていられるわけがありませんよね。

そのことから、人間は生命を守るために、心配事があると、脳が眠ってしまわないような仕組みをつくりあげたのだと言われています。そのメカニズムが、この現代社会においても未だに残っており働いているのだと考えられています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0