This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 睡眠不足による重大な事故!

睡眠不足による重大な事故!

睡眠不足は、自分の体がしんどいという事だけでなく、時には重大な事故を引き起してしまう原因にもなります。
アメリカのある報告によると、「1979年のスリーマイル島の原発事故」や、「1986年のスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故」、そして「1986年のチェルノブイリ原発事故」これら過去に起こった大事故は、関係者が睡眠不足であったことが直接的な原因ではないかと指摘をしています。

睡眠が充分にとれていないと、集中力が欠け、とっさの判断力がにぶくなり、思いがけないミスを起こすことがあります。電車やバスなどの運転手や、機械を操作するオペレーターなど、職業によっては人の命にかかわる場合もありますので、重大な事故を引き起こさないためにも、睡眠をしっかりととる必要があります。

睡眠についてのある調査で、睡眠不足の人が交通事故を起こす確率は、よく眠っている人に比べ2~3倍という結果が出ており、この結果はかなり問題視されています。また、アメリカでは睡眠障害によって引き起こった交通事故などによる経済的損失は、年間460億ドルにものぼると言われています。これらの結果から見ても、たかが睡眠不足と軽視してはいけないことがよくわかると思います。

アメリカでは、人口の約15%にあたる4,000万人という多くの人たちが、睡眠に関してなんらかの異常をもっていると言われています。そこで、アメリカではそういった人たちのために『国立睡眠障害センター』が設立されました。

ここを拠点として、睡眠についての研究や医学的な教育が行われています。また、こういった病気があり、悩んでいる人がいるということを一般の人々にも理解してもらえるような活動も展開しています。さらにアメリカでは、24時間操業している工場において、働いている人々の健康を重視し、事故が起こらないよう指導がされています。

日本ではまだ、不眠症や睡眠障害を個人的な問題だから…と簡単に片づけられてしまうことが多いようです。しかし、社会的に大きな影響を与えるかもしれないというこれらの症状を、日本でももっと考えなければいけないと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0