This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 快適な睡眠のために寝室環境を見直しましょう

快適な睡眠のために寝室環境を見直しましょう

快適な睡眠をとりたいのであれば、寝室の環境を整えることがとても重要でしょう。室内が明るすぎたり、周囲がうるさかったりすると、脳が刺激されて、なかなか眠りに入ることができません。また、室内の気温が暑過ぎたり、逆に寒過ぎたりしても熟睡することができません。室内の温度や湿度に気をつけることも、安眠するための重要な条件といえます。

寝室というのは、眠るためだけの部屋という方も多いと思いますが、1日のうちでたいへん長い時間を過ごす場所といえます。ですからリラックスできる空間をつくりたいものです。たとえばインテリアにこだわったり、カーテンなどの色合いなど部屋の雰囲気を工夫してみてください。それだけでリラックスでき、快適な睡眠ができるようになるかもしれません。

夜間は昼間と違って生活音がぐんと少なくなり、小さな物音でも気になり入眠できない原因となることがあります。外の騒音が気になる場合には、サッシを二重にしたり、雨戸を閉める、あるいはカーテンを厚手のものに替えるなどして、防音対策を心がけるとよいでしょう。家族が心休まる場所を、みんなで協力し合い、快適な空間をつくっていきましょう。

また、室内の温度や湿度を調整することも大切です。もっとも理想的とされる室温は、夏場が25℃、冬場は15℃であり、湿度は、季節を問わず50%といわれています。エアコンなどを使って温度を調節するときの目安としては、冷房なら25~28℃で、暖房なら18~22℃にし、あまり冷やしすぎない、暖めすぎないようにしましょう。

特に冬場は空気が乾燥するので、ずっと暖房をつけ続けないで、換気を心がけ、保湿器などを使用し湿度も調整するようにしてください。

このように、寝室を少し工夫すると、快適に眠ることができる場合もありますので、是非この機会に寝室の環境を見直して、もっとも落ち着く快適な場所にしてみてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0