This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係

いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係

私たちの体は睡眠中、舌の筋肉や喉の奥の筋肉が緩みますので、気道が狭くなります。そして、口内の軟部組織が振動し、それによって起こる音が『いびき』です。年齢が上がるほど、いびきをする人は増えていきます。60歳代で一晩の間に一回はいびきをかくという人を見てみると、男性が60%、女性が45%だそうです。

また、お酒をたくさん飲んだときや非常に身体が疲れているとき、あるいは扁桃腺炎や鼻炎などの病気を患っているときも、いびきをかきやすくなります。

いびき対策として、いくつかの方法がありますので、気にされている方は参考になさってください。 まず寝るときの体勢ですが、あおむけで寝ると気道が狭くなるので、横向きに寝るようにしましょう。また、気道を確保しやすくするために、高めの枕で寝るのも効果があります。しかしそれだけではなく、生活習慣の面でも見直すことが必要です。肥満気味であるならば運動をするなどダイエットを心がけ、お酒も控えめにするようにしましょう。

いびきについて注意しなければならないのは、心配のないいびきと、危険ないびきがあるということです。 心配のない軽いいびきなら、他の人に迷惑を与えてしまうこともあるかもしれませんが、健康上では特に心配しなくてもよいでしょう。

危険ないびきとは、いびきをかく人の中には『睡眠時無呼吸症候群』という睡眠障害にかかっている可能性があるのです。この病気は、寝ている間、無呼吸の状態が10秒ほど続き、それが一晩の内に30回以上も起こるという病気であり、この病気の人は、大きないびきをしたあとに、急にいびきが止まり無呼吸の状態になります。

そしてその後、『ヒュー』という空気が抜けたような音がしたり、『グググッ』というような大きないびきをかきだします。そのような状態があるのであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるといえます。無呼吸の間は、酸欠状態にあるので、高血圧や動脈硬化などの病気の原因にもなりかねません。さらに脳梗塞や心不全などの大きな病気につながる場合もあるので、非常に注意が必要です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0