This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > うつ病にはセロトニンの分泌量を増やす光療法を

うつ病にはセロトニンの分泌量を増やす光療法を

現在日本で、うつ病にかかっている患者は約360~600万人と予測されています。
特に多いとされる中高年のうつ病の原因は、職場でのストレスが大きく影響していると言われています。さらにここ最近、13歳以下の子供の10%や、幼児の5~10%がうつ病を発症しているという驚くべきデータがあります。

うつ病は季節に関わる病気ではありませんが、秋から冬の間にかけて患者が増加するといわれています。原因は不明ですが、体の調子がなんとなく良くないという『仮面うつ病』を含むと、とても多くの人が苦しみ悩んでいる病気なのです。

うつ病の主な症状は、全身がだるい、疲労感があり何もやる気が出ない、イライラする、頭痛、めまい、動悸など、さまざまではありますが、共通する症状として睡眠障害が挙げられています。

うつ病は、セロトニンなど脳内の神経伝達物質に異常が発生し、発症するといわれています。セロトニンは、身体にあたる太陽光線の量が多いと分泌されるようになり、それによって、気持ちを高め活動的にさせる働きをしています。

それとは逆に、太陽光線の量が減少すると、メラニンが増え、感情を抑えて体を休ませます。一日の日照リズムのバランスが崩れてしまうと、睡眠障害が起き、うつ病を発症させてしまいます。

そこでここ最近、『光療法』が日照リズムを改善させるのにたいへん効果があると注目されています。『光療法』とは、人が活発に活動する時間帯に、1時間ほど強い光線を浴びることによって、セロトニンの分泌量を増やし、ずれた体内時間を正常なものに回復させようというものです。

『光療法』を受けた人の多くが、気持ちが晴れ晴れとして体調がよくなり、うつ病もだんだんとよくなっているそうです。軽いうつ病の時期には、朝と夕方に少しの時間で良いので日光浴をするだけでも、ずいぶんと効果が得られるそうです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0