This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 過眠症による副症状とは?

過眠症による副症状とは?

過眠症による副症状には、情動脱力発作、睡眠麻痺、入眠時幻覚、自動症、夜間の熟睡困難といったさまざまな症状があります。

・情動脱力発作とは
怒ったりなど興奮した時に体中の力が抜けてしまい、膝がガクガクし、持っていたものを下に落としてしまいます。また、顔の筋肉や声を出すための筋肉に力が入らず、言語がうまく話せなくなることもあるようです。

・睡眠麻痺とは
入眠するときに幻覚と金縛りが起こります。どういったことかと言いますと、覚醒から睡眠への移行期に、突然体に力が入らなくなり、体がどうしても動かせず、声もだせなくなる…いわゆる『金縛り』の状態になります。
これは、発病する初期の段階によく起こります。時には、呼吸困難に近い感覚がすることもあり、恐怖を感じる方が多いです。そして、幻覚を見たり恐ろしい夢を見たりします。

・入眠時幻覚とは
入眠時の半分起きていて半分寝ているような時に、とてもはっきりとした夢のような幻覚を見ます。例えば、誰かが鍵のかかったドアを開けて、部屋の中に入って来た…とか、知らない人が自分の体の上に乗っかってくる…、凶暴な動物に襲われる…など、生々しくて現実的な幻覚を見たり、幻聴を聞いたりします。
また、時には触られる感じがすることもあります。あるいは、突然、自分の体が飛んで窓から外へ出て行く…という浮遊感覚が起こることもあるようです。

・自動症とは
自分では眠いという自覚がないのに、行動したことを全く覚えていない状態になることを言います。

・夜間の熟睡困難とは
睡眠サイクルが乱れてしまい、夜、熟睡できないことを言います。はっきりとした夢を見てしまい、熟睡感が全く得られないのです。

過眠症とは、大脳が、覚醒時に近いレム睡眠が頻繁に起こっている状態であり、その為熟睡できません。 夜間の熟睡困難によって、日中、頭痛がしたり、頭が重く感じたりします。複視などの原因にもなっています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0