This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 「睡眠相後退症候群」とは

「睡眠相後退症候群」とは

一言で『睡眠障害』と言ってもその症状はさまざまです。その中には、毎日、少しずつ眠る時間がずれて遅れていき、ひどい場合には昼夜が逆転してしまって悩んでいる人がいます。
この睡眠障害を、『睡眠相後退症候群』と言い、重症化してくると、自分ではなかなか直せなくなります。

たとえば、前日に夜更かしをしたことで、朝寝坊をしてしまい、その結果、その日の夜も早く寝付けず、そのまま夜型の生活になってしまう…。そんなことを経験されたことはありませんか?

それがとてもひどい人の場合は、本人は直そうと努力をしているにもかかわらず、なぜか必ず、毎日少しずつ時間がずれていき、2~3週間に一度は起きれずに、仕事や学校に行けなくなることがあるようです。 ただこの病気は、それが生活習慣の乱れから生じていることも多いと考えられます。ですから確かな原因がわかれば、すぐに解決できることがほとんどのようです。

人間というのは、もともと約24時間のリズムで生活をしています。しかし、このリズムは、さまざまな環境因子によって毎日修正されています。たとえば、朝早い時間に日の光に当たれば、そのリズムは短くなりますし、逆に、夜遅くに日の光に当たれば、リズムは長くなります。

では、昼前後に光に当たったら…?それはあまりリズムの変化はありません。そのため、明るい部屋でテレビを見ながら夜更かしし、次の日の朝は寝坊して、光に当たったのが10時頃になってしまったとします。そう、それでは、体内時計は確実に遅れてしまうのです。

健康な人は、多少夜更かししたとしても、次の日の朝にちゃんと起きれば、体内時計を正しい24時間に調節することができます。しかし24時間のリズムが乱れたまま、悪循環になっている場合は、それをどこかで止め、正常に戻さなければいけません。

最も理想的な戻し方は、悪循環をリセットする日を設け、その期間はがんばって早寝早起きをすることです。そして、午前中に1時間程度、太陽の光を浴びるようにします。
リセットできたら、また悪循環にならないように、その後も規則正しい生活を心がけましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0