This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 気持ちよく眠る方法

気持ちよく眠る方法

早く、早く眠らないと…、と思っていても、お風呂にも入らないといけないし、ゆっくりとテレビも見たい…、友達や恋人とメールや電話もしたいし…、などと考えているうちに、時間はどんどん流れていってしまいますよね。
そして、バタバタと布団に入ってもなかなか眠れない…、特に考えすぎると、なかなか寝つけないことがありますよね。

快適に眠るためには、心と体、両方がリラックスしていないといけません。
そこで、快適にグッスリと眠ることができる方法やグッズを紹介したいと思います。

まずは、心地よい香りが気持ちよく眠りを誘う、『アロマテラピー』です。
ポプリは、器などに入れて枕元に置くのもよいですし、小さな袋に入れて、枕カバーの中に入れておくのもオススメです。お香やアロマキャンドルは、好みの香りのものをアロマポットに入れて、リラックスできる空間をつくるのに最適です。

お風呂でも、好きな香りの石鹸を使用したり、入浴剤を使ったりするとリラックスできることでしょう。 また、足湯をすることもリラックスでき、オススメですね。

他にもクラッシックのような心地よい音楽を流して眠るのも、リラックスでき、快適に眠ることができる方法の一つと言えるでしょう。それはクラッシックでなくても、OK!自分が気に入っている曲が一番効果的なのですから…。
無理に、癒し効果のあると謳われている曲を選んでも、それが自分の好みの曲でなければ、何の効果もありません。

次は、眠気を誘う飲み物を紹介していきたいと思います。
それはハーブティーです。ハーブティーはカフェインが入っていないので、副交感神経の働きを促し、心も身体もリラックスさせてくれる飲み物です。

ハーブティーは種類が豊富で、例えば風邪の予防にもなるローズヒップティー、リラックス効果の高いラベンダーはご存じの方も多いことでしょう。
これらのほかにも、カモミールは血行を良くし、鎮静作用もあるので、快眠にはオススメですよ。

また、驚くことに牛乳にも睡眠を促す効果があるんです。
牛乳に多く含まれているカルシウムが、イライラを取り除き、精神を安定させる効果があり、快眠に効果があるとされています。

とは言え、牛乳が苦手な人もいるでしょうし、毎日同じ味では飽きる…という人もいることでしょう。そこで例えばハチミツを入れてほんのり甘いミルクにしたり、きなこやゴマを入れてみたりなど、ひと工夫して、好みの癒しドリンクを作ってみてはいかがでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0