This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 時差ぼけと睡眠障害

時差ぼけと睡眠障害

時差ぼけが起こるのは何故なのでしょうか?
私たち人間が2つ以上のタイムゾーン(時間帯)を短時間のうちに移動すると、睡眠のサイクルは自然と狂ってしまいます。体内時計は出発地点の時間のままであるのに、到着した場所はまったく違う時間となっているので、脳が混乱してしまい、すぐに現地時間に適応することができません。この状態を『時差ぼけ』と言います。これは急性の睡眠障害の一つなのです。

人間は臓器にも独自の時計を持っています。
そのそれぞれの体内時計が乱れると、不安定なバイオリズムとなり、睡眠のペースがまったく狂ってしまいます。そのため、食欲不振になったり、胃腸の調子が悪くなる、あるいは体がだるいなど、さまざまな症状が出てきます。

時差ぼけになると現地ではまず、夜に寝付けなくなります。ひどいときは、朝まで一睡もできない…なんてこともあります。たとえ眠れたとしても、睡眠サイクルは乱れてしまっているので、朝までグッスリと熟睡することができません。そうなると昼間は、集中力がなくなり、効率が悪くなってくることでしょう。
また、体の不調に悩まされることもあり、せっかくの旅行が台無し…ということも少なからずあります。

飛行機でタイムゾーン(時間帯)を多く横断すればするほど、時差ぼけの症状はひどくなると言われています。また、飛行機が太陽の動きとは逆の、東の方向へ飛んだときには、さらに時差ぼけがひどくなり、回復するのにも時間がかかってしまいます。ちなみに、日本からオーストラリアへ行く場合には、タイムゾーンをまたがないので、時差ぼけにはなりません。

子供は比較的うまく時差に順応できるようです。しかし、年齢が上がるにつれて、この時差ぼけは年々ひどくなると言われています。とは言え、日頃よく運動している人や、健康で規則正しい生活を心がけている人、また、普段からよく眠れる人などは、時差ぼけになりにくいと言われていますので、日々、健康的に生活することを心がけるとよいでしょう。

さらに、仕事など、緊張して出かけるのに比べて、楽しんで遊びに出かける方が、時差ぼけの程度が比較的軽いという興味深い調査結果がでています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0