This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 悪夢ってなんで見るの?

悪夢ってなんで見るの?

毎日のように、悪夢に悩まされて困っている人はいませんか?
しかし残念ながら、こんなに医学が発達している現代においても『悪夢』について、医学的には何ら解明されていません。

人はたいてい夢を見ているのに、はっきりと覚えていることは意外と少ないものですよね。
夢の内容は日々いろいろと違っていたりするものですが、悪夢の方がよく覚えているので、なぜか悪夢をよく見ている気がする…という方も多いと思います。
悪夢はできれば見たくありませんよね。しかし、基本的に病気ではないので、治療の対象にはほとんどならないというのが現状のようです。

そういう現状がある以上、自分でなんとか悪夢から逃れる方法を考えていかなければなりません。私たちが夢を見る割合が高い時というのは、レム睡眠の状態の時であり、悪夢をよく見るということは、睡眠の質が悪くなっているのではないかと考えられます。

頻繁に悪夢を見るという人の割合は、約5~10%という調査結果が出ています。その原因としては、精神的なストレスやトラウマがある場合、レム睡眠が増え睡眠自体が障害をおこしていると考えられています。レム睡眠が増えることによって、睡眠障害が起き、悪夢を見ることになるということです。

レム睡眠が増える原因は、上記のような精神的なものの他に、生活面にも問題があると考えられています。それは、寝室の温度や湿度が心地よい睡眠に適していなかったり、生活のリズムが乱れているなどです。 ただ本当に問題なのは、このような原因がはっきりと見つからないことが多いということなのです。

悪夢に対しての効果的な対策は、今のところあまりないようです。しかし、明確な原因がはっきりとしている場合には、精神療法を行うこともあり、これによって効果が現れた人もいると言われています。また、睡眠薬を服用するという対策を取ることも多いようです。睡眠薬にはレム睡眠を減らす効果がありますので、悪夢によって寝不足になっているようなら、睡眠薬を服用することで効果が現れることもあります。その方法をとりたいのであれば、専門の医師に症状をはっきりと伝え、睡眠薬の処方箋を頼むとよいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0