This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 短時間睡眠者とは?

短時間睡眠者とは?

一日に必要な睡眠時間は、人それぞれで、4時間で充分の人もいれば9時間は必要であるという人もいます。
しっかりと熟睡できていて、目覚めもスッキリとしているのであれば、6時間未満でも睡眠時間は十分という人のことを『短時間睡眠者』といいます。

歴史上の人物で、短時間睡眠者として有名な人物がいます。それはナポレオン皇帝です。
ナポレオン皇帝の平均的な睡眠時間は、3時間程度であったという記録が残っています。
また、発明王と知られるエジソンも、短時間睡眠者であったと言われています。
さらにマイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツにおいては、数日間眠ることなくプロミングを行い、あのウィンドウズを作り上げたと言われています。

短時間睡眠者の中でも睡眠時間はまちまちで、3時間程の睡眠で充分と言う人もいれば、1時間程度の睡眠でも大丈夫!という驚くべき例も報告されております。
短時間睡眠者に共通して言われていることは、寝つきがとても早いということです。そして決して深い眠りが長いというわけではないということです。

長時間睡眠者とはっきり違うところは夜中に目が覚めることがほとんどないということでしょう。睡眠を全体的に見てみると、ノンレム睡眠が閉める割合が非常に多い…つまり、短時間睡眠者は、効率的で無駄のない睡眠をとっているのです。

短時間睡眠者にとって特徴的なのが、朝目覚まし時計がなくても、パッと目覚めることができることです。そして短時間しか眠っていなくても昼間に眠気がくることはありません。長時間睡眠者にとってはなんともうらやましいことかもしれませんね。
さらに驚くことに普段より1時間早く寝たら、翌朝は普段より1時間早く目が覚めるそうです。このように、自分の睡眠時間が一定して決まっていることも大きな特徴といえるでしょう。

短時間睡眠者の性格は、明朗活発で才能があり、周囲の人ともうまくやっていけるような人が多いと言われており、このような人は仕事においても趣味においても、あらゆることに興味を持ち、やりたいことがたくさんあると言う方ばかりのようです。

では短時間睡眠になる原因は何か?ということですが、現在では、遺伝的な影響や生まれ育った環境が大きな原因であると考えられています。
若い時から短時間睡眠であるという人は、おそらく一生短時間睡眠を続けることになるにではないかと言われています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0