This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 『睡眠時遊行症』とは?

『睡眠時遊行症』とは?

睡眠時遊行症(Sleep walking)とは、睡眠障害の一つで、睡眠中に現れる症状であり、いわゆる『夢遊病』と呼ばれるものです。
現在、小児の10%以上に現れるという調査結果が報告されています。
その症状はたいていの場合、とても深いノンレム睡眠の時に現れるとされており、入眠してか約1時間前後に認められています。

発症する年齢は4歳~8歳くらいが大半であり、そのほとんどが遅くても思春期までには見られなくなっています。
このように睡眠時遊行症は、心配する必要はほとんどないと言えますが、まれにてんかんなどの他の病気が原因で、その症状が現れている場合もあります。
この睡眠時遊行症で注意しなければいけない点は、自宅以外で寝泊りする場合です。その際は、事故を起こさないように注意してみてあげてください。症状がひどい場合には、医師に相談することをおすすめします。

この症状が現れて遊行している時は、とても深く眠っている状態なので、起こさないようにしてください。
無理に起こさないで、静かに誘導して布団に戻してあげるようにしてください。

睡眠時遊行症というのは、正常範囲内の症状とされていますので、症状を抑えるような薬は基本的にはありません。
その原因によっては、抗うつ薬を処方され、その薬によって症状を抑えられたという報告もあるようですが、必ず抑えられるという薬ではないということを認識しておく必要があります。

そこで、自宅でできる対策をとっていきましょう。
自然に治るのを待っても良いですが、症状の現れる時間が毎晩だいたい決まっているのであれば、その時間の15~30分前になったら、強制的に起こすということを、5日~30日くらい続けてみてください。
確実に…というわけではないですが、それで治ることもありますので、試してみるのも良いのではないでしょうか。
また、症状を悪化させないためには、疲労やストレスをためこまないようにした方がよいでしょう。
まれに薬によって、症状を悪化させることもあるので、薬を服用する際には、医師や薬剤師に相談してから、服用させた方がよいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0