This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 不眠症予備軍の特徴を挙げています

不眠症予備軍の特徴を挙げています

不眠症予備軍と言いますと、入眠するのに時間がかかるといった人のことを言うのかと思いますよね。しかしそんな人ばかりではないのです。
どんなところでも、すぐに眠ることができる…実はこのような人が、不眠症予備軍の場合が多いのです。
いつでもどこでも眠ることができるということは、実は寝不足が原因であるということなのです。

睡眠時間をただしくとっている健康的な人というのは、昼間にそう簡単には眠ることができないものです。
覚醒と睡眠が正常にできている人は、昼間は脳がしっかりと起きている状態であり活発に働いているので、寝ようとしても眠ることができないのです。
ところが、睡眠不足の人や寝付くのに時間がかかるなど不眠で悩んでいる人というのは、体が睡眠を必要としている状態であるため、昼間でも横になるとすぐに眠ることができるのです。

こうした不眠症予備軍の人は、睡眠のサイクルが乱れてしまっているので、いつ不眠の症状が出てきてもおかしくない状態であると言えます。
いつでもどこでもよく眠れるのだから…という方は、自分では、不眠症になる要素があるということを、よく認識できないかもしれませんね。
しかしそういった方は、不眠症予備軍であることにほぼ間違いないでしょう。

いつでもどこでも寝られるということは、実は特技なんかではないのです。
本格的な不眠症になってしまう前に、自分の生活を見直し、規則正しい生活を送るようにしなければなりません。
そして、理想的な睡眠のサイクルを身につけると、健康的で快適な生活を送ることができるでしょう。

理想的な睡眠がとれている人というのは、夜寝床についてから寝入るまでにかかる時間は10分~15分くらいと言われています。
しかし不眠症予備軍の人は、5分もかからないうちに、眠ってしまうと言われています。
そんなに早く寝付く事が出来るというのは、睡眠不足が続いていることを意味しているのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0