This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 睡眠ホルモンのメラトニンに関して

睡眠ホルモンのメラトニンに関して

『メラトニン』というホルモンは、体温や脈拍、血圧を低下させる作用があり、これにより自然に眠りを誘う効果があります。
メラトニンは覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整するので、時差ぼけを防止する効果もあり、時差ぼけ予防の薬にもなっています。

メラトニンの分泌は、どのように行われているのかと言いますと、アミノ酸の一種であるトリプトファン(バナナや牛乳などに含まれています)は、脳内物質であるセロトニンをつくる原料となっており、そのセロトニンが分解されることで、メラトニンの分泌を促しています。

そのメラトニンですが、アメリカでは、熟睡するのに効果的なサプリメントとして、たいへん注目されています。
またメラトニンは、若返り効果があるホルモンとしても有名であり、睡眠をしっかりとることにより、メラトニンが脳内で分泌され、若々しさを保つことができるということだそうです。

そうは言っても、メラトニンは、私たち人間の体の中で自然につくられるホルモンですので、夜眠り、朝目覚めるという、正常な生活サイクルを送っているのであれば、わざわざサプリメントなどを摂取する必要はありません。

しかし、残念ながらメラトニンの分泌は年齢とともに減少してしまいます。また、不規則な生活を送っていると、メラトニンが正常に分泌されない場合があります。まだ夜が空けない暗いうちに目が覚めてしまうという方は、このメラトニンが不足しているのかもしれません。
それを補うために、夕方以降にメラトニンのサプリメントを摂取すると、寝付きがよくなり、朝早く目覚めることもなくなってくることでしょう。

このメラトニンを、サプリメントからではなく、食品から摂りたい方は、アブラナ科の野菜であるケールがおすすめです。
ケールは、青汁の原料として使われている野菜で、ブロッコリーやキャベツの原種になります。ビタミンや食物繊維、カルシウムなど、豊富な栄養素を含んでいる野菜です。ケールを手軽にとる方法は、やはり青汁を飲むことでしょう。メラトニンの効果を得るためには、夕方以降に飲むようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0