This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 安眠のためには理想的な食生活を…

安眠のためには理想的な食生活を…

ぐっすり熟睡するためには、規則正しい生活をおくることを基本とし、それに加え栄養のバランスに気を付けた食生活をおくることが大切です。
それは野菜や果物、炭水化物、魚や鶏肉などのタンパク質、ビタミンそしてミネラルなど、それぞれの栄養素をバランスよく摂取することが大切なのです。
またそれだけではなく、食事の量についても気をつけなくてはいけません。
朝は適量、昼食はしっかり、夕食は少なめを原則とする健康的な食生活が望ましいです。

もう少し細かく見ていくことにしましょう。
まず脂肪分の多い食べ物は、できるだけ避けたほうが良いでしょう。
その中でも特に揚げ物は、油をたくさん摂ってしまいますので、注意が必要です。
体内で脂肪分を分解するには、長時間かかりますので、夜遅くに揚げ物を食べると、胃の消化活動が夜中まで続き、ぐっすり眠れなくなってしまいます。
同様に、刺激的な香辛料やニンニクなども、夕食には向いていないといえます。

逆に、体に良いものは、黒っぽい色のもの…例えば昆布やわかめ、のり、黒ゴマなどで、これら黒色の食材は、体の調子をうまく整えてくれる働きがあります。
お米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を含んでいますし、パンでも食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養があります。

さらにぐっすりと眠るためには、乳製品や小魚、海草などカルシウムを多く含む食品をしっかり摂ると良いと言われています。
それはカルシウムには、気持ちをリラックスし、穏やかに眠れるようにする作用があるからだと言われています。

現代人は何かと忙しく、理想的な食生活を送ることが難しいかもしれませんね。
しかし、不眠で悩んでいる人は特に、できるだけ理想的な栄養バランスを保てるようがんばっていただきたいものです。
とはいえ食事では、思うように栄養バランスを整えることができない人が多いと思いますので、そういった方はサプリメントなどを使い、食生活では摂取できない栄養素を補うことも一つの策でしょう。
ちなみにサプリメントは、夜に摂取するよりも朝に摂取したほうが、効果的であると言われています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0