This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 歯ぎしり

歯ぎしり

歯ぎしりは、たいしたことがないように思われがちですが、実はそのまま放っておくと、さまざまな二次障害の症状が現れる場合があります。
歯ぎしりは、みなさんも想像がつくように、歯やあごにとても大きなダメージを与えています。
実は、歯ぎしりはとても危険な行為であるということを、しっかりと知っておく必要があるのではないでしょうか。

とは言え、歯ぎしりをしている本人は、自分が歯ぎしりをしていることに全く気が付いていません。
歯ぎしりはかなりの力でもって大きな音をたてているにも関わらず、本人が全く気が付かないのはなぜなのでしょうか?
それは、感覚器の伝達経路が、寝ている間は断ち切られているからなのです。
覚醒の状態では、音が脳へ伝わる時、筋肉から脊髄を通りますが、睡眠中はこの回路が全く働かなくなるのです。

つまり、家族や周囲の人に指摘されなければ、自分では歯ぎしりをしていることに、ほとんど気がつかないと言うわけなのです。
また、歯ぎしりにも様々あり、あまり音を出さなく、ぎゅっと歯を噛み締めるような歯ぎしりをする人も多いようで、家族の人も気付いていないといったことがあるようです。ですから実際、自分が歯ぎしりをしていることを知らない人は、意外と多いのです。

では、なぜ歯ぎしりをするようになるのか?と言う疑問が浮かぶかと思います。
それは、虫歯で歯が痛む時や、治療でかぶせた金属冠の高さが適合しない時など、歯のかみ合わせが悪くなっている時に起きやすいと言えます。
そのほかの理由としては、精神的な、あるいは肉体的なストレスを、歯ぎしりによって発散させている場合があると言われています。

そこで考えなければならないのは、二次障害です。
近年、最も怖い二次障害としてあげられているのは、いびきが睡眠時無呼吸症候群と深く関連していることです。
現在、両者の関係はまだ解明されておりませんが、歯ぎしりをした後すぐに、睡眠時無呼吸症の症状が現れることがよくあると言われています。
この睡眠時無呼吸症候群は、突然死につながるとても恐ろしい病気であるため、一日でも早く解明されることが望まれております。

歯ぎしりを治すには、自分ではどうすることもできませんので、専門科の医師に相談するのが、もっとも良いでしょう。
歯ぎしりは歯科医や口腔外科が専門としておりますので、気になる方はそちらを受診するようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0