This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 妊娠と眠気の関係

妊娠と眠気の関係

妊娠すると、不思議なことに昼間でもとても強い眠気に襲われることがあります。
それには、いくつかの理由があると言われています。

妊娠した女性は、胎内で大事な命を育てなければいけません。そして、女性として最大のエネルギーを必要とする出産に備えなければいけません。
そのため、母親の体は、自然と無駄なことにエネルギーを使わないようにしていくのです。

活発的に出かけたりすると、事故に巻き込まれる可能性や怪我をする可能性があり、流産という最悪の場合も考えられます。
このようなことから、妊娠した時点で妊婦の脳は、できるだけ体を動かさないように、休ませようと仕向け、強い眠気を与えるのであると言われています。

また、女性は思春期から更年期の間中、女性ホルモンが睡眠に大きな影響を与えています。
女性ホルモンには、妊娠を準備するための『エストロゲン』と、妊娠を成功させその状態を保つための『プロゲステロン』があり、排卵後は後者の『プロゲステロン』が増加します。
この『プロゲステロン』には眠気を誘う作用があるため、月経の一週間ぐらい前から強い眠気に襲われるのです。

そして妊娠をすると、3ヶ月まではこの『プロゲステロン』が急激に分泌されるので、昼間から強烈な眠気に襲われるのです。
そして妊娠6ヶ月頃になると、次第に『プロゲステロン』は減少しだして、妊娠9ヶ月頃には『プロゲステロン』に代わり『エストロゲン』が増えてきます。
それによって、出産前は眠気がなくなり、逆になかなか眠れなくなったり、熟睡できなくなるのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0