This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 金縛りは、実は睡眠障害の一種なんです

金縛りは、実は睡眠障害の一種なんです

『金縛り』を経験したことってありますか?意外とたくさんいらっしゃるのでは?
中には金縛りを心霊現象だとか、呪われているのではないか…と恐れて眠れない日々をすごしている人もいることでしょう。しかし、金縛りは心霊現象などではなく、実は睡眠障害の一種なのです。

睡眠中の脳が起きている状態である『レム睡眠』の時に、なんらかのきっかけで目が覚めてしまうと、自分では意識があるのに、体が思うように動かせない…ということがあるのです。
この時、筋肉は緩んだ状態になっており、脳が体を動かすように指令を出しても、筋肉にはまったく伝わらず、そのため自分の意思で体を動かそうとしても、全く動くことができないのです。
これがいわゆる『金縛り』とよばれる状態なのです。医学的には、この状態を『睡眠麻痺』と言います。その後、体が完全に覚醒状態となれば、筋肉にも力が入るので、自分の思い通りに体を動かすことができます。

金縛りが起きやすい時というのは、睡眠と覚醒がうまく切り替わらない時で、それはたとえば入眠する直前や、明け方に目が覚めてしまった時などが挙げられます。このような金縛りは、睡眠のリズムがバラバラな人や徹夜をよくする人がかかりやすく、特に睡眠のサイクルが規則的でない若者に起こりやすいようです。
また、睡眠不足の時やストレスが蓄積している時、時差ぼけがある時にもよく起こります。

金縛りによくなる人は、日頃から規則正しい睡眠を心がけるようにしましょう。規則的な生活サイクルを身につければ、金縛りは自然になくなりますので、怖がる必要はないですよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0