This page:睡眠障害の症状から見た治療改善方法 > 朝食と睡眠サイクル

朝食と睡眠サイクル

若い人の一人暮らしでは、「朝は食欲がないから」「朝食よりも寝ていたいから」などの理由で朝食をとらない人が多くいるようです。
このような人は、朝食を抜き、昼食と夕食のみ食べるので、体には余計な負担がかかっています。意外なことに、それは睡眠にも悪影響を与えています。特に問題な点は、夕食を多めに食べてしまうことです。
また、若い女性は「ダイエット中だから…」と朝食を抜く人がいます。ですが、朝食で摂取したエネルギーは、その後すぐに消費されてしまうので、心配する必要はありません。

朝食とは、午前中に活動するためのエネルギー源となるものです。ですから午前中、集中力をアップさせ、有意義に過ごすためには欠かせないものなのです。また、噛むことは脳に刺激を与えるので、朝しっかりと朝食をとり、よく噛むことで、一日の活動開始を脳から体全体へすんなりと伝達することができます。さらに、朝食は体温を上昇させるので、心も身体もすっきりと目覚めることでしょう。
そういったことから、朝食は必ずとるようにしましょう。

人は睡眠中でも体力を消耗しています。また、大脳は睡眠中でも活動しています。大脳というのは、多くのエネルギーを必要としているので、私たちは寝ている間も多くのエネルギーを必要としているのです。夜寝ている間にも多くのエネルギーを消費している私たちの身体は、朝起きた時には、10~12時間もの間、何も食べていないので、極端なエネルギー不足になっています。
そのような空っぽの状態であるにもかかわらず、朝食抜きで一日の活動を始めてしまったら、身体にとって良いはずがありません。その日一日を充実して過ごせるわけがないのです。朝食は一日のうちで一番大事な食事と言えるでしょう。

理想は、朝食をしっかりととり、夕食を少なめにするという食生活です。それが身に付けば、睡眠サイクルも自然と規則正しくなることでしょうし、また夜もぐっすりと眠れるようになるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0