This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭の主な3つの原因

口臭の主な3つの原因

口臭とは、口から臭う不快なニオイのことを言います。口臭をもたらす原因…それは、私たちは口から食べ物を食べます。口の中にはその食べた物のカスがどうしても残ってしまいます。これを歯垢と言います。この歯垢を歯磨きできれいに落とせるといいのですが、残ってしまうと口の中にいる細菌と合体し、腐敗発酵を起こし、ニオイを発生させてしまうのです。

口臭の原因となる主な成分は、“揮発性硫黄化合物(VSC)”というものであり、例えば硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドなどが挙げられます。

口臭の主な原因は、主に3つあるとされています。

1.生理的口臭
この生理的口臭とは、誰もがもっているニオイであり、基本的には心配をしなくてもよい口臭です。本人も、他人も気にならないニオイとは言え、歯垢がついているのにそのまま放っておいたり、緊張などから口が渇いた状態になったり、起床後や食後3時間後あたりに、不潔な状態にしてしまうと、悪臭に変わってしまうこともありますので、口の中を清潔にすることを心がけるようにしましょう。この生理的な口臭は、その都度解消する方法がありますので、あまり神経質に悩むことは無いでしょう。

2.病気が原因の口臭
ここで言う病気とは基本的には『口の中の病気』です。しかし、それ以外でも口臭が発生する可能性はありますので、歯医者で問題がないと診断されているにもかかわらず口臭があるのであれば、内科医での検診が必要になるかもしれません。

3.食べ物が原因の口臭
ニオイの強い食べ物(ニンニク・ニラなど)を食べることで起こる口臭もあります。また、アルコールやタバコといった嗜好品も口臭の原因となります。これは、体内に取り込まれたニオイの元となるものが、胃で消化され、血液を循環し、肺を経由して吐き出されることによって起こるものであり、歯磨きなどで口の中を清潔にしていても臭うものであります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0