This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 自分で口臭をチェックできる簡単な方法

自分で口臭をチェックできる簡単な方法

口臭ってとっても気になりますよね。でも自分の臭いと言うのは、自分では気付きにくいものです。 しかし身だしなみの一つとして、自分に口臭があるかどうかをチェックしておくことは必要だと思うんです。 一番わかりやすく、良い方法というのは、おそらく家族など身近な人にチェックしてもらうことでしょう。でもそれってなんだか言い出しにくくないですか?

しかも勇気をだして言ったのに断られたら、なんだかちょっとショックですよね。そんな人の為に、自分で口臭をチェックできる簡単な方法をご紹介したいと思います。

始める前に一つだけ注意点があるんですけど、口臭というのは、朝起きた時や食前、食後、口が渇いている時など、時間帯やそのときの状態によって変わってくるものなので、その都度チェックしてみるのがいいんじゃないかな…って思います。

1)コップに息を吐き出す
用意する物はコップです。そのコップに息を吹き込み、手で蓋をしましょう。そして、一呼吸おいてからそのコップの中のにおいをかいでみてください。

2)舌の表面のざらざらしたもの(舌苔)の臭いをかぐ
舌の表面についている舌苔(ぜったい)は、口臭の元となる汚れなのです。ですからこれをティッシュなどの柔らかい物でふき取って、その臭いをかいでみてください。くさいニオイがする場合は口臭があると言えます。しかも自分だけでなく他人にも口臭が感じられる可能性が高いと考えられます。

3)口臭判定器を使用する
『口臭判定器』というものが市販されていますので、それを使ってみましょう。この測定器は口臭の原因となる成分“メチルメルカプタン”をセンサーで捕らえ、チェックします。臭覚というのは人によって差もありますので、周囲の人の意見だけではなんとなく不安だな…と言う人や、自分の臭覚や口臭チェックのやり方が不安だな…という人は、こういった機器を使用してみるのもいいんじゃないかなって思います。

但し、この機器は使用する時の周りの空気の状況も影響してくるので、使用方法をよく読んでから使用するようにしてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0