This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 生理的口臭は誰にでもある

生理的口臭は誰にでもある

『口臭』の原因は、その90%以上が口腔内にあるとされています。そしてそのニオイは、原因となるものによって違います。例えば生ゴミのニオイであったり、卵が腐ったようなニオイ、魚や野菜が腐ったような臭いなど、さまざまです。 こういった口臭は、無いことに超したことはないのですが、残念ながら誰にでもある口臭があります。

それは『生理的口臭』といわれるもので、朝起きた直後やお腹が空いている時、そして緊張している時に起きる口臭です。 また、ニオイが強い食べ物、例えばニンニクや納豆、ニラといった食品を食することによっておこる口臭もあります。これらは時間が経つと消えてしまうニオイなので、特に心配する必要はありません。

しかし、口臭の原因が口腔内にある場合には、時間が経っても消えるものではありません。こまめに口腔内をケアする必要があります。

通常、口の中には約200種類もの細菌が潜んでいます。口の中というのは、身体のどの組織よりも新陳代謝が早いため、死滅する粘膜組織が非常に多いと言われています。そしてたんぱく質が細胞に分解され、口臭の元となるものが、常にたくさん作られてしまっていると言うわけです。

しかしそれでは、口を空けると、臭くて仕方ないという状態になります。どうやって清潔な状態を保っているのかと言いますと唾液です。唾液が口腔内を清潔に保ってくれているのですが、口腔ケアを怠ってしまうと、唾液ではどうすることもできない虫歯や歯周病が発生しまい、それが悪化し口臭が発生してしまうのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0