This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口が乾燥することによっておこる口臭

口が乾燥することによっておこる口臭

人は誰でも口が乾燥すると、口臭が発生します。誰もが一度は経験していることだと思いますが、唾液の分泌量が低下して口の中が乾燥してくると、口の中がネバネバしてきますよね。かなり不快感があると思います。この不快なドライマウス状態が口臭の主な原因とされています。

私たちの口内は唾液があることで、清潔に保たれています。ですから唾液の分泌量が正常に保たれていると、口臭は発生しにくい状態となっています。しかしその分泌量が何らかの原因で少なくなると、口の中は細菌でいっぱいになってしまい、口臭が発生するというわけです。 またそれ以外にも、口の中が乾燥すると虫歯や歯垢、舌苔ができてしまう原因となってしまいます。

ではなぜ口の中が乾燥するのでしょう。その原因は、大きく分けて4つあると言われています。
1)薬の副作用
副作用があるとして挙げられているものに抗ヒスタミン剤・抗うつ薬・抗項血圧薬・利尿剤があります。これらは主にアレルギー性鼻炎の薬に含まれています。

2)疾患
糖尿病や腎疾患といった自己免疫疾患を患っている方です。 口臭が気になる場合には医師とよく相談しながら、対処するようにしてください。

3)唾液腺
なんらかの炎症を起こすと唾液の分泌力が低下します。また加齢によっても唾液分泌力は低下します。 プラークコントロールをしっかりして、口臭予防を心がけるようにしましょう。

4)生活習慣
ストレスや睡眠不足は口内を乾燥させる原因となりますので、気をつけるようにしましょう。また、喫煙や飲酒も口内を乾燥させてしまいますので、できるだけ控えた方がよいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0