This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭を改善し予防していきましょう

口臭を改善し予防していきましょう

ここのところ、健康志向の人が増え、体の表面だけではなく体の中から清潔にすることを心がける人が増えています。それに伴い、口臭に関しても関心がたいへん高まっています。

口臭の主な正体は、ズバリ細菌です。口の中にいる細菌が、口の中の食べかすを分解し、生産した揮発性硫黄化合物が原因だとされています。それ以外では、体内に入った食べ物やお酒などの臭いが、血液中に溶け、肺を通り、そして呼吸によって外に出てきたものもあります。

口臭の原因は他にもあります。例えばストレスです。仕事や人間関係による緊張が続いたときに、ストレスを感じる人が特に多く、ストレスが溜まってくると、口臭が強くなります。女性の場合だと、生理中や妊娠中などホルモンのバランスが変動するときに口臭が発生することがあるとされています。他にも成長期などがあげられています。また一時的にだと、朝起きた時や空腹の時にも口臭が強くなります。

また、虫歯が悪化している場合や歯周病が原因で口臭がおこることもあります。このような場合には歯科での治療が必要となります。口臭はほとんどの場合、歯磨きや歯科での治療で治りますが、それらのケアを充分にしているにも関わらず口臭が強くある時には、内科的な病気の可能性があります。自分に当てはまるなと思われる方は病院へ行って検査してもらうことをオススメします。

治療の為に長期にわたって病院へ通わなくても済むよう、日頃から口臭予防をしましょう。 口臭予防には下記のようなものがあります。参考にしてみてください。

・定期的な歯の治療
口の中というのは、きれいに見えても口臭の原因となる細菌がたくさん生息しています。ですから虫歯が見つかれば歯の治療を、歯周病と診断されればしっかりと治療に専念するなど、口の中の環境を充分に整えて、病気や口臭を防いでいきましょう。

・口の中のケア
治療後はそれを維持していく必要がありますよね。そこで歯科医に、家でのお手入れ方法を教えてもらいそれを実践していくようにしましょう。さらに定期的にプロによるお手入れをしてもらうと理想的です。

・食後には口臭を消す働きをもつ緑茶や牛乳を飲むようにしましょう。 他にも梅干しやレモンなど、唾液の分泌を促す食べ物も自浄作用が高まるので、食すと口臭が予防ができますよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0