This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭の原因 自臭症の場合

口臭の原因 自臭症の場合

口臭の中でも、自臭症の場合、原因は他臭症と同じ細菌であるとされています。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(=嫌気性菌)が、主な口臭の原因であるとされています。 しかし、他臭症の人と比べてみると、その量はものすごく少なく、問題となる量ではありません。しかし、自臭症の人というのは、他臭症の人と違って、いつも口臭を感じてしまっています。

嗅覚には連続的な臭いには麻痺してしまう性質があります。ですから他臭症の人は自分の口臭を感じていないことがほとんどです。しかし断続的に発生するニオイに関しては、はっきり感じることができるので、自臭症の人は自分の口臭が気になるのでしょう。

では、自臭症の人がいつもいつもニオイ(口臭)を感じてしまうのは何故なのでしょうか? その理由には、以下のようなことが考えられます。

① 起床時の口臭
唾液の分泌は、睡眠時には停止しているため、口の中が乾燥して、口腔内の細菌はどうしても増殖してしまいます。ですから朝起きたときに口臭を感じてしまうのです。

② 食事中の口臭
食事中というのは、基本的に唾液の分泌量が活発になるため、自浄作用が働き、口臭を感じにくくなるものです。しかし、食べ物の種類によっては、口の中にニオイが残ってしまう感覚があるので、ニオイを感じてしまうことがあります。

③ 嫌気性菌の増殖による口臭
昼食前や夕食前などお腹がすくと、口腔内の細菌(嫌気性菌)が増殖して、口臭を感じてしまいます。

⑤ 緊張時に感じる口臭
人は緊張すると、舌の動きが止まってしまいます。それと同時に唾液の分泌も止まってしまうので、細菌(嫌気性菌)が活発に活動してしまいます。その為、口の中の臭いが充満してしまい、口臭を感じてしまうというわけです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0