This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 人から指摘された口臭防止策

人から指摘された口臭防止策

あなたは口臭があると人から指摘されたことはありますか? なんだか悲しくなりますよね。 そんなことにならないようしっかり口臭予防していきましょう。

1)歯磨きの後は歯がきちんと磨けているかどうか、染め出し液を使ってチェックしましょう。歯が赤く染まってしまったところは磨き残しの部分ですので、再度磨き、きれいに落としましょう。

2)起床後すぐは、口臭が強く発生しますので、歯磨きをしましょう。オススメは電動音波歯ブラシです。

3)水分補給をしましょう。目安はコップ1~1.5杯です。
[水を飲むタイミング]
・起床後に行う歯磨きの後
・朝食~昼食の間
・昼食~夕食の間
・夕食~寝る前

4)朝食と食べましょう。オススメは和食です。よくかんで(30回ほど)唾液の分泌を促すよう心がけましょう。

5)食後は水によるPHコントロールをしていきましょう。 PHコントロールとは口の中を酸性の状態にしないよう、コントロールしていくことです。水を飲むことで、唾液の量をコントロールし、口の中の食べカスを除去したりなど、口の中を清潔に保つことができ、PHが改善されていきます。

水によるPHコントロールをした後には、是非『Pro Fresh』を使ってうがいをしてください。 もし水の変わりに『GC MIペースト』を使用してPHコントロールをした場合には、30分ほど経過してから『Pro Fresh』を使うようにしてください。

6)昼食や夕食後もPHコントロールをしましょう。

7)就寝前には『Excellent Breath』を使って歯磨きするのがオススメです。

8)『Excellent Breath』を使って歯磨きした後は、『Pro Fresh』を使ってうがいをすると理想的です。

上記に補足するとすれば、舌の動きを止めない事です。そして上手に歯磨きを行うことでしょう。 歯磨きは1)で述べたとおり、染め出し液を使って磨き残しをチェックすると、いつもどこが磨けていないのかがよくわかります。

たばこを吸う方は、1日10本以内を目安にした方がいいでしょう。吸い過ぎは体にも良くありませんし、口臭の原因にもなりますので、間隔をあけて吸うようにし、本数を減らしていきたいものです。また、空腹時の喫煙はできるだけ避けてください。そして吸った後は水でうがいをしましょう。水分補給も忘れずに!

 

cms agent template0037/0038 ver1.0