This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 気になる口臭

気になる口臭

近頃、口臭が気になる人の中に、毎日丁寧に歯磨きをしても、舌を磨いても、歯の定期検診に行っても、口臭が消えない…ということを訴える人が多いそうです。そういった症状を『自臭症』と言い、この症状を訴える患者さんが増加しているそうです。『自臭症』とは、ニオイの元となる原因を99%取り除いたとしても、まだなんとなく臭いがある…という感覚が残っている人のことを言い、この現象を『ウェーバーヘッヒナーの法則』と呼ぶそうです。

『自臭症』の人は自分では口臭があると思っていても、他人からすると口臭は全く感じないということがほとんどなので、あまり気にしない方がいいのでは?と思うのですが、本人にとっては一大事なのです。

その一方で、周囲の人がはっきりと「臭い」と感じるほど口臭のする人がいます。そのような方の場合、たいていは歯周病が原因であると考えられます。しかし、先ほどとちがって、当の本人には全くその臭いを自覚していないことが多いです。

これって周囲の人からすると不思議なことですよね。その理由として考えられるのは、連続的にニオイがあるため、嗅覚が麻痺してしまっていて、自分のニオイに関して特に感じなくなってしまっているからだそうです。

では、なぜ『自臭症』の人がふえているのでしょうか? おそらく生理的口臭など、断続的に発生したニオイが鼻についてしまい、そのニオイが残ってしまって、常に口臭があるのではないか?という感覚と不安がふくらんでしまうからではないでしょうか。

『自臭症』と『他臭症』では、口臭の治療法がまったく違います。『自臭症』というのは、心理的な部分も大きいので、根本から治すのは難しいのかもしれません。しかし、今まで通り舌の表面にある白いもの(舌苔)を掃除したり、歯みがきなど、家でのケアを怠らないようにし、定期的に歯科クリニックに出向くようにすると、自然と落ち着いてくるかもしれません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0