This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 歯の治療を放っておいた為に口臭が発生

歯の治療を放っておいた為に口臭が発生

歯の治療を放っておいた為に、口臭が発生したある女性のお話をしたいと思います。

その女性はある日、歯にかぶせていたものが外れてしまいましたが、痛みもないことですし、そのまま何年か放置していました。そのせいで、歯肉が陥没してしまいました。

そのころから口臭がとても気になるようになっていたそうですが、もともと歯医者に抵抗があり、また仕事が忙しいこともあって、ついつい足が遠のいていたそうです。しかし、他の歯にかぶせていたものも取れてしまったので、それをきっかけに思い切って歯医者へ行ってみたそうです。

歯医者の第一声は「もっと早く来ていたら、こんなにまで悪化しなくて済んだのに…」と言われたそうです。口臭の原因はやはりこの陥没していた歯肉と歯周病、そして歯槽膿漏がかなり進行していたからでした。診断の結果、治療方法としては、まず陥没したところを隠すような感じでかぶせ物をし、歯槽膿漏は、歯周ポケットのシケーリングという治療を行うことになりました。

このシケーリングという治療法は、痛みをともないます。人によって痛みの感じ方は違いますが、彼女は非常に痛く涙が出てきたそうです。それに加え、口を長く開けていないといけませんので、たしかに辛いと思います。また、治療代もかかってくることなので、また歯医者に通うのが辛い…とのことでした。 「歯ブラシも歯間ブラシも欠かさずしていたのに…」というのが彼女の言い分でした。

辛いとは思いますが、ここまで放っておくと自分ではどうしようもありません。きちんと歯の治療を行わない限り、口臭は治らないと思います。頑張って治療するようにしましょう。 どうしても痛みが強く、耐え難いものであるならば、一度歯医者と相談するのも良いかもしれませんね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0