This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭の原因は肝臓が原因?

口臭の原因は肝臓が原因?

口臭がおこる原因には様々なことが考えられますが、肝臓が原因で起こる場合もあります。それは40歳過ぎの人に多く発生しているそうです。通常、肝臓が正常に働いていると、ニオイの元となる物質は分解されるので、体内からニオイが発生する事はありません。

食べ物は口からのどを通って体の中へ入っていきます。そして胃で吸収し溶解され、腸へ移動します。腸では栄養が吸収され、分解されます。その後、血流に乗り肝臓へと送り込まるしくみになっています。

このとき、口臭の元となる物質も共に肝臓へと送り込まれています。そこで肝臓が正常に働いていると、ニオイの原因となる物質は代謝によって排泄されます。しかし肝臓の動きが低下すると、それを分解しきれなくなり、ニオイが発生してしまうと言うことなのです。

この時に発生するニオイは、ネズミ臭とも言われていて、かなり強いニオイがします。口の中は苦くなるような感覚があると言われています。さらに症状が悪化してくると、カビや卵が腐ったようなニオイがします。また、それにニンニクが混ざったような臭いまでしてくるようになります。

自分で自分の口臭を判断するのは非常に難しいですが、比較的簡単にできる方法としては、コップに息を吐いて手で蓋をし、一呼吸おいてからコップの臭いをかいでみます。 お酒を飲む人は肝臓に負担がかかっている可能性が非常に高いので、ニオイの判断は難しいとは思いますが自己チェックしてみることをおすすめします。

少しでも気になるようでしたら、一度内科で肝臓の検査を受ける事をおすすめします。

肝臓に何ら問題がなかった場合や、治療を施し正常に戻った場合でも口臭が治らない時には、他に原因があるかもしれません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0