This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭の原因が口の中にある場合の治療

口臭の原因が口の中にある場合の治療

口臭の原因が口の中にある場合の治療について、説明しましょう。

1)舌苔
舌苔(ぜったい)は、口臭が発生する大きな原因の一つです。舌苔とは舌の表面についている白っぽい、苔のようなものを指しています。黄色っぽい色をしていることもあります。これは口の中の細胞が死んだり、新陳代謝によって粘膜の細胞が剥がれたり、あるいは食べカスが元となってできるものであり、これが溜まると細菌によって分解され、口臭の原因となるガスを発生させてしまうのです。

ですから、口臭予防のためにはこの舌苔を定期的に掃除し、除去していくことが必要になります。やり方としては専用の舌ブラシを使います。お持ちでない場合は柔らかめの歯ブラシでも代用できます。使用方法は、そのブラシで、舌の奥から前の方へ向かって優しく磨きます。強くやりすぎると舌の表面を傷つけてしまいますので、優しく優しくブラシを動かしてください。

2)唾液
唾液は口臭を予防するためにはなくてはならないものです。唾液には口の中の“洗浄作用”“抗菌作用”“粘膜保護作用”があります。唾液にはこれらの作用があるわけですから、分泌量が少なくなると言うことは、必然的に口の中が不潔になってしまうと言うことになります。

なおかつ、乾燥してしまうために、口臭が発生しやすくなると言うわけです。通常、おしゃべりや食べたりする事で唾液の分泌量は促進されます。しかし、ドライマウスという病気にかかっていれば、専門医での治療が必要になります。

3)口腔癌
これは口の中にできる癌です。これが原因で口臭が発生する場合がありますので、口の中に違和感がある方は早めに歯科医に診てもらうようにしましょう。

4)義歯
義歯を使用されている方は毎日キレイに洗浄や消毒といったお手入れをかかさず行いましょう。入れ歯に色や臭いが付着すると、取れませんので日頃から気をつけておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0