This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭の検査測定方法

口臭の検査測定方法

口臭の検査にはどんなものがあるのか、ご紹介します。口臭が気になっている方は是非参考になさってください。

・ガスクロマトグラフィー
この機械は設備が整っている大きな病院(大学病院など)で使用しているものであり、一般開業医の病院ではほとんど見ることがないでしょう。

・半導体ガスセンサー
口臭測定器として一般的に普及している測定器であり、ほとんどの方がこの測定機をつかって口臭を測定することになります。この測定器を使い測定するものは、口腔内にある揮発性硫黄化合物を数値を測定します。 これ以外のニオイ、例えばタバコやニンニクなどの臭いについては、いくら口臭が強くても、測定できないというデメリットがあります。

・官能的測定法
この測定法は人的な方法によって測定するものです。その方法とは、患者が息を止めた状態で口を開け、直接、医師が患者の口の中の臭いをかいだり、息を吐いた状態のニオイをかいだりするします。通常は両方の方法で測定を行います。

上記の方法を用い、医師は口臭があるかどうかを判断します。口臭があると診断された場合、その原因を治療していくことになります。治療をしていく中でとても大切なことは、口の中を清潔に保つ事です。そして口臭が治った後も再発しないよう、口の中を清潔に保たなければなりません。毎日、予防のためのセルフケアとプロによる定期的なケアをかかさないよう心がけましょう。

・セルフケア
歯を隅々までしっかり磨きましょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って、丁寧に磨くようにしましょう。 舌苔は専用の舌ブラシを使って優しく掃除し、除去するようにしましょう。 入れ歯をご使用の場合は、毎日のお手入れを怠らないようにしましょう。

・プロフェッショナルケア
歯医者で定期的に検診を受けましょう。 そしてプロによる適切な歯のケア方法を指導してもらい、それを実践していくようにしましょう。 虫歯が見つかれば、我慢せず早めに治療をしてもらいましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0