This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭ケア

口臭ケア

口臭を気にする人というのは男女を問わず、かなり多くなってきています。それに伴い、最近では口臭対策用の商品が数多く発売されています。しかし、市販されている商品を用いて自己流で誤ったケアをしてしまうと、返って口臭を悪化させる場合もありますので注意が必要です。

口臭と言うのは大きく分けて『病的口臭』と『生理的口臭』の二つがあります。『病的口臭』というのは、虫歯や歯周病、胃腸などの病気が原因で起こる口臭です。『生理的口臭』とは、生まれつき誰でも持っている体の働きの一つです。

前述の『病的口臭』は、自分で治すことは出来ず、病院で治療をしないと治癒しません。

後述の『生理的口臭』は、唾液が深く関わっています。この生理的口臭には、口の中の細菌が歯の隙間にある食べかすなどを分解するときに発生する、揮発性硫黄化合物が原因となっていますので、口の中に食べかすを残したままにしておかないことや、唾液の分泌が正常に行われていれば、ニオイを抑えることができます。

しかし、たんぱく質を多く含んだ汚れに関しては、歯の隙間ではなく、舌の上に残ってしまう事が多いので、舌の状態が問題となってきます。舌というのは、昔から“健康のバロメーター”と言われているほど、体調で左右されるものです。体調が悪化すると舌苔が分厚くなってくるのです。そうすると口臭が強くなります。

最近、この舌苔を取り除くグッズが多く販売されるようになりました。これを利用しケアしている人も多いと思います。しかし、使用方法を間違うと、まれではありますが舌苔がはがれてしまうことがあります。そうなると唾液が正常に分泌されなくなり、口臭が悪化してしまいますので注意が必要です。

そのようなことにならないためにも、次のような方法で舌の掃除をすることをオススメします。
①水を少し口に含みます。
②そのままの状態で、舌を口のなかで動かします。その際、口の上の方にこすりつけるようにすると良いでしょう。
③含んだ水を出します。

また、唾液の分泌量を正常にもどす為には、小さく刻んだ昆布を舌の上にのせておくと、唾液の分泌が促されるので、効果があるとされています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0