This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭に関連した用語をピックアップしてます

口臭に関連した用語をピックアップしてます

最近、口臭を気にする人がとても多いそうです。健康意識が高まっているからでしょうか。そこで口臭に関連した用語の意味を記述してみました。

◆梅干
口臭予防に最適な食べ物と言われている梅干し。梅干にはクエン酸という酸が多く含まれています。そのクエン酸の強い酸性反応によって、口の中に残った食べ物のカスが発酵するのを抑えてくれるのです。そのおかげで口臭が予防されるというわけです。

また、梅干を食べると酸っぱいので、唾液の分泌が促されますよね。唾液には口の中を洗浄する作用がありますので、これも口臭予防に繋がっています。

◆ガム
ガムを噛むことで口臭予防ができます。なぜかと言いますと、ガムを噛むと、口の中に残っている食べカスや歯垢をある程度除去することができるからです。ちなみにそれらを約80%も除去してくれるそうです。

また、よく噛むことで歯ぐきを鍛えることができます。歯ぐきが鍛えられると血液の循環がよくなり、歯槽膿漏や歯周病といった歯茎の病気を予防する事ができます。 更に、噛むという行為は唾液の分泌が促されます。

◆空腹時口臭
お腹が空いた時、口臭が気になった事ってありませんか?それはお腹が空くと血液中にある代謝産物の影響によって、誰でも口臭が発生しやすくなるからです。この空腹時の口臭は、朝食を抜いたときに一番強くなるので、朝食は健康のためにも口臭のためにも食べるようにしましょうね。

◆嫌気性菌
口の中にはたくさんの細菌が存在しています。種類は200種類以上、数にして数十億と言われています。これらの数多くの細菌の中でも、酸素が少ない環境の中で発生する細菌を『嫌気性菌』と呼びます。

口臭はこの『嫌気性菌』が活発に活動したときに発生します。この『嫌気性菌』は口の中が乾燥していたり、粘ついていたりしているときに活発に活動し増殖しますので、口の中が乾燥しないよう、適度な水分補給をしていきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0