This page:口臭チェックで口臭の予防と対策をしよう > 口臭に関連する用語

口臭に関連する用語

口臭というのは、日常生活においてとても気になることだと思います。そこで口臭に関して勉強していく前に、用語について、少し知っておきましょう。

<口呼吸>
ご存じの通り、口を開けたままの状態で、口で呼吸をする事を指しています。口で呼吸をすると口の中は乾燥してしまいますので、口臭が発生しやすい環境をつくってしまいます。さらに口呼吸はさまざまな病気を引き起こしやすいと言われています。そのようなことにならないためにも、また、口臭を発生させないためにも、呼吸は鼻でするように心がけたいものです。

鼻呼吸をする際には、口を軽く閉じて行いましょう。

口呼吸が癖付いている人にとって、口呼吸から鼻呼吸へ変えるというのは、始めは変な感じがしてやりづらく、自然に呼吸しにくいと思いますが、意識的に変える様に努力してください。

<唾液>
唾液の大きな役割は、口腔内の洗浄作用であり、口腔内に増殖している細菌を殺して口臭を防いでくれたり、臭いの元となる揮発性物質を抑制する働きをしています。 ですから、唾液の分泌量が多ければ多いほど、口臭が予防できます。

<舌苔(ぜったい)>
舌苔とは舌の表面に苔のようについている、白いものを指しており、口内の細菌のバランスを保つためには無くてはならないものであります。 しかし、この舌苔が増えてくると、口臭の原因になります。ですから適度に掃除をする必要があります。 掃除のやり方ですが、歯ブラシなどで舌をゴシゴシと磨くのではなく、ガーゼなどで優しく拭き取るようにしましょう。

舌苔がたまった場合の除去方法ですが、口の中に少量の水を含ませて、舌を上下に動かしこすらせます。何度かこすった後に水を吐き出すといった方法を何度か繰返してください。

<水分補給>
口の中が乾燥してくると、口臭が発生しやすくなりますので、適度に水分補給をする事が大切です。どのくらい水分を摂るのが望ましいのかと言いますと、一日あたり1~1.5リットルとされています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0