This page:関節痛の予防解消ガイド > 風邪と関節痛の関係は?

風邪と関節痛の関係は?

関節痛は、主に骨の老化が原因で発病する病気です。しかし、それだけではありません。風邪をひいた時にもなるんです。

身体がなんとなくだるく、だんだん節々が痛くなり、気づいたら熱っぽくて風邪をひいていた…といった経験をしたことはありませんか?
風邪と言っても症状はさまざまで、鼻水が出る、咳が出る、高熱が出るなど、毎回違っていることもあります。
これは、原因となるウイルスがそれぞれ違うからです。

倦怠感があって、関節痛や腰痛の症状が出はじめたら、それは風邪のひき始めでしょう。
すぐに体を休め、熱が出ないように早く寝るなど安静にしましょう。

高熱がでることで有名なインフルエンザ。普通の風邪とは違うということは、みなさんもご存じだと思います。
インフルエンザは感染後、しばらくの潜伏期間を経て、突然の高熱とともに発病します。
そして次第に、悪寒や倦怠感、のどの痛み、鼻水といった風邪の症状や、身体の節々が痛くなるといった関節痛の症状が現れます。
インフルエンザによっておこる関節痛は、普通の風邪の時よりも痛みがずいぶんと大きいようです。

関節痛と言うと、お年寄りがなるものというイメージがありますが、風邪の場合の関節痛は大人も、さらには子供にも発病します。
子供が「身体のあちこちが痛い」と言うと心配になりますが、風邪をひいているのであれば、その関節痛は風邪が治るとともに、自然に治るものと思ってよいでしょう。
しかし、まれに痛みが長引く場合や痛みが大きいものがあります。

痛みは早く取り除いてほしいものですよね。それが子供ならなおさらの事だと思います。
小さい子供で、飲み薬が苦手な子ならば、鎮痛剤の座薬を使うと良いでしょう。
ただし、応急処置として大人用を使用したりむやみに与えることはしないで、必ず医師の指示に従いましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0