This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の種類は?

関節痛の種類は?

一般的に『関節痛』と呼ばれる病気には、様々なものがあります。

関節が痛くなると、「骨が弱くもろくなってきたのかしら?」「もしもリウマチだったらどうしよう…」と心配になる方もいることでしょう。
しかし、小さな子供に「関節が痛い!」と言われたとしても、骨がもろくなっているとは思えませんから、他に原因がないかを考えるのではないでしょうか。

では、関節痛は骨の老化が原因で起こること以外に、他にどのようなものがあると思いますか?
まずは子供の関節痛を考えてみましょう。
子供の関節痛には、風邪やはしか、おたふくかぜ、風疹、インフルエンザなどの伝染病が原因となるものがあります。
しかし、これらの場合の関節痛はとくに心配はいりません。
たとえこれらの病気が原因で関節痛になったとしても、関節が損傷することはありません。
熱が下がれば、自然に治まってきます。しかし心配なら鎮痛剤を処方してもらうと良いでしょう。
あまりにも痛がるようでしたら、湿布を貼ったり、軽くマッサージをして様子を見てあげてください。

そのほか、スポーツをしている時や高いヒールの靴を履いている時などに、足をくじいたことはありませんか?
これを捻挫(ねんざ)と言いますが、この捻挫も関節痛の一つに含まれます。
もし捻挫をしてしまったら、まずはすぐに患部を冷湿布で冷やし、固定します。
もしかしたら骨折している可能性もありますので、病院でレントゲンを撮ってもらうとよいでしょう。

また、軽い捻挫だから大丈夫!と放置しておくと、将来 深刻な関節痛になることも考えられますので、たいしたこと無いと勝手に自分で決め付けず、病院で適切な処置をうけるようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0