This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の指圧やマッサージ

関節痛の指圧やマッサージ

関節痛になると、街のあちらこちらで目にする「鍼・灸・マッサージ」の看板が、いやに気になりますよね。
「関節痛の痛みはほんとに取れるのかしら?」
「文字通りほんとに気持ちよくなるのかな?」
なんて、たとえ関節痛でなくとも、看板を見ると気になるものです。

あきらかに体調が悪いときは、何とかしてほしくて病院へ行く人がほとんどだと思います。
しかし「このまま放置しておくと、もしかしたら痛くなるかも…」というぐらいの症状だと、近くの接骨院や鍼灸院へ通われる方も多いのではないでしょうか?

東洋医学では、人間には2000以上ものツボがあると言われています。
そんなけ全部を覚えようとすると大変ですが、少なくとも関節痛に効くツボさえわかれば、家でくつろいでいる時に押せたりして便利だと思いませんか?

簡単なツボの見つけ方は、まず実際にさわってみることです。
ギュッと押してみて気持ちいいなと感じたところが、ツボの位置になります。
硬くしこりになっていても、あまり強く押さないようにします。だいたい1箇所につき1~2分程度が目安です。
お風呂上りの身体が温まっている時が、一番効果的です。

ツボを押す際、気をつけなくてはいけないことは、骨の上を押さないことです。
骨の両脇の筋肉を押すように心がけしましょう。
また、関節部分が炎症をおこしている時や熱がある時などは、マッサージや指圧は避けてください。

ツボは、本来、親指の腹で押すのが効果的なのですが、うまく押せない時には、手のひらで軽く押してもいいでしょう。
自分が一番気持ちがいいと思う方法で行えば、それが一番良いのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0