This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛と睡眠の関係

関節痛と睡眠の関係

人が、一番リラックスできる時間…それは、睡眠ではないでしょうか?
寝るなんてもったいな~いって人もいるかな?でも一日の疲れをお風呂で癒し、ゆったりとした気持ちで布団に入った時、なんともいえぬ心地よさってありますよね。

しかし、関節痛で悩んでいる方の多くが不眠を訴えて、眠れぬ夜を過ごしているのです。
それはどうしてなのでしょうか?

慢性的な関節痛の痛みは、夜 寝ているときも続いていることが多く、どうしても睡眠が浅くなってしまうのです。
ずっと痛みを抱えているわけですから、夜ぐらいはゆっくり寝たいものですよね。
毎日のことですので、病院から処方される安定剤などにたよらなくても夜眠れるように、ちょっとした工夫をしてみませんか?

それは、布団!家にある布団はどんなものをお使いですか?
「布団を工夫?」と不思議に思われている方も多いかもしれませんが、これが結構、重要なんですよ。
ふかふかの布団は、確かにとても気持ちがいいものですよね。
しかし、実はそのやわらかい布団が、関節痛には大敵なのです。
ふかふかの布団で眠ると、入ったときは気持ちがいいのですが、寝ているうちに腰の筋肉が伸びてしまうので、かえって疲れてしまうのです。
ですから、布団はやや硬めのものを選びましょう。

次に、寝るときの姿勢です。
腰に一番負担がかからないのは、あお向けの体勢なんだそうです。
でも、腰が痛い時にあお向けになるのは、本当に辛いものですよね。
そんな時は、無理せず横向きになりましょう。

横向きの体勢は膝の関節痛の方に良いとされています。
最近は、色々な形の抱き枕が、寝具売り場だけでなく雑貨屋などにも売っていますよね。
それを膝の下にいれておくだけで、脚のむくみや倦怠感が取れる事がありますので、つらい方は試してみてください。

なかなか眠れなくて、仕方なくソファに座ったまま眠るなんてことがなくなることを願っています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0