This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛のパートナーはステッキ!

関節痛のパートナーはステッキ!

本当は膝が痛くて歩くのもままならないのに、無理に脚をひきずってがんばって歩いている人を見る事があります。
逆に脚をひきずって歩くくらいなら、外に出たくないと引きこもってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

もしも、あなたの御家族にこのような人がいらっしゃったら、ステッキをすすめてみてはいかがでしょうか?
もしかしたら「杖なんて持つような歳じゃない!」と叱られてしまうかもしれません。
でも実は、ステッキは膝や股関節の関節痛をもつ患者さんにとって、とても有能なパートナーなのです。
ステッキは高齢者が持つものとは限っていませんよ。

通常、私達は2本の足で自分の体重を支えています。
それを、杖を使って足とステッキの3本で支えるようにすると、膝や股関節への負担ははるかに軽くなるのです。若いからと言って無理をせず、早い時期から持つと、関節痛の進行を防ぐことができます。

ステッキは、関節痛の脚の反対側の手に持ちます。
例えば、右足が関節痛ならば、左手でステッキを持つようにします。
そうすることによって、体重を分散させることができ、膝などへの負担を減らすのです。

ステッキも最近では持ち手がおしゃれなものや折りたたみ式など、色々と種類が増え、選べるようになってきましたので、どのようなステッキがあるのか、インターネットで検索してみるのも良いかもしれませんね。
もちろん、手や指、手首にも関節痛があると、折りたたみ式は辛いでしょうから、基本的には症状にあったものを選ぶようにしましょう。

初めてステッキを購入するときには、やはり専門家のアドバイスを受けたほうが、自分にあった一本を見つけやすいと思います。
帽子のようにステッキも、気分やファッションに合わせて替えてお出かけをする方がいたら、素敵ですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0