This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の痛みの種類と状態とは

関節痛の痛みの種類と状態とは

いつまでも、健康で楽しく暮らしたい…。みなさんもそう思っておられることでしょう。
健康を意識し、山登りやジョギング、ウォーキングなどを趣味としている方も多いと思います。
しかし、ちょっと無理をして、腰や膝などの関節が痛くなったことはありませんか?
このような症状を『関節痛』といい、特に腰・膝・肩の部位を痛める方が多いといわれています。

『関節痛』とは一体どういったことからおこるのでしょうか?
私達人間には、膝はもちろん肩や肘、手など、たくさんの関節があります。
関節とは、曲げたり伸ばしたりすることが出来る部分のことを言い、骨と骨とのつなぎ目の部分と考えてください。
関節は通常、骨と骨とがこすりあって磨り減ってしまわないように、軟骨と関節液というもので守られた状態になっています。

これは、例えば自転車のブレーキパッドと潤滑油のようなもので、これらは長年使い続けると消耗してしまいますよね。
人間の関節も同じように、長年使い続けた関節は軟骨と関節液が減ってしまって、骨と骨とが直接こすれあっった状態になり痛みを生じるようになるのです。

一言で「関節痛の痛み」といっても、それにはさまざまな痛みの種類があります。
動かすと痛い人、寒くなると痛い人、何もしなくてもずっと痛みがある人…などです。
また、関節痛を引き起こした原因もそれぞれ違っています。
たとえばふくよかな人は、体重を支える二本足に負担がかかるので、膝や股関節などの関節痛をひきおこす方が多いです。
また、スポーツをする人は、特定の関節だけに特に負担をかけるような生活を続けていると関節痛を起こしやすいです。

もし関節に痛みを感じることがあれば、無理をせず早めに病院へ行きましょう。
関節痛はレントゲン写真をとり、関節の変形などを調べることが必要になりますので、まずは整形外科を受診することおすすめします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0