This page:関節痛の予防解消ガイド > もしも関節痛になったら…

もしも関節痛になったら…

もしも関節痛になってしまったら…、とてもやっかいな病気で、自分なりに考え痛みを取るのには限界があります。
とにかく安静にして、湿布を貼っていたけど、どうしようもなく我慢できなくて…と病院へ駆け込む人がとても多いようです。
中には病院ではなく接骨院へ行かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、接骨院ではレントゲンの撮影が出来ないので、関節痛の場合は、まずは整形外科へ行くのが望ましいでしょう。
レントゲンを撮ることによって、骨が変形していないかどうかを調べます。
たとえ変形していなくても、痛みのある今の自分の関節の状態を知っておくことは、関節痛の症状を悪化させないためにもとても重要なことです。

病院によって治療方法は変わってきますが、半年に一度はレントゲンをとり、、関節の変化をチェックしてくれる病院もあります。
見えない部分ですので、自分の関節が変形してきていないか、あるいは変形がひどくなっていないかをチェックしてもらえるのは大変ありがたいことです。

また、関節痛は骨の老化が原因の一つに考えられているので、受診した際には、骨粗しょう症の検査を一緒にしてもらうのも良いのではないでしょうか。
骨粗しょう症の検査は、手首から肘までの部分をX線撮影するだけで、骨密度をはかることが出来ますのでとても簡単です。
検査に要する時間は約2~3分といったところでしょうか。

骨密度が低いということは、骨がスカスカの状態になってきているということなので、早めに治療することが大事です。そうすれば、骨の変形はもちろんのこと、骨折などの怪我も防ぐことができるでしょう。

病院へ何回も足を運ばなくてもいいように、どんな検査をしてほしいか、どんな検査ができるのかということをあらかじめ調べてから行かれるといいのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0