This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の検査ってどんなもの?

関節痛の検査ってどんなもの?

関節痛の痛みに耐え切れず、病院に受診した際には、一体どんな検査をするのでしょうか?
まずはレントゲン。これは、必須条件です。レントゲンは皆さんも想像がつくことだと思います。
ではその他にどのような検査を受けるのかといいますと…、その前に、どのような病気でも、必ず医師の問診を受けます
その際、医師からの質問に答えるだけではなく、質問があれば聞けるようにメモしておくと便利です。
また、現在飲んでいる薬やアレルギーなどがあれば、そのときにはっきりと伝えるようにします。

検査は、レントゲンの他に血液検査と尿検査が行われます。
この検査によって、他に病気をひきおこしていないかなどを調べます。

もちろん患部も診てもらわなくてはいけませんし、痛む場所以外に、違和感があるという場所なども全て診てもらいます。
レントゲンをとる際には、患部によっては衣服もとらなくてはならない場合もありますので、着脱しやすい服装が好ましいです。

レントゲンの検査だけでは関節痛の原因が分からない場合には、MRI検査を行うことがあります。
MRI検査とは、トンネルのような検査台の中に入り、身体の断面をあらゆる角度から写し出す検査で、レントゲンでは写らないような筋肉や軟骨、靭帯などを見る事ができます。放射線がないので安心できる検査の一つです。
最近では、MRIを導入している病院が多いのですが、まだ導入していない病院を受診した際には、MRI検査が行える病院を紹介してもらえます。

関節痛はすぐにどうこうできる病気ではなく、長期にわたってつきあっていかなくてはならない病気です。
病気とつきあうと言う事は、病院や医師とのつきあいも長くなるということです。
何でも相談でき、自分にあったよりよい治療法を一緒に考えてくれるような医師と巡り会いたいですよね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0