This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の薬

関節痛の薬

普段普通に暮らしていると、健康であることのありがたみをあまり感じることなく生活をしていますが、病気になると、生活は一変し、健康のありがたみがよくわかりますよね。
一日でも早く治したい、元気になりたい、元の生活に戻りたいと誰もがそう思うことでしょう。
普通の風邪ぐらいなら「気力で治す!」という人もいれば、すぐに病院へ行く人、とりあえず市販の薬で様子を見る人など、対応はいろいろですね。

しかし、関節痛ともなると話は別です。関節痛の痛みは、とにかく痛くて辛いものです。
ほとんどの方が病院を受診するのではないでしょうか。病院へ行くと、まず処方されるのは消炎鎮痛薬だと思います。
これにはどのような効果があるのでしょうか。

消炎鎮痛薬には、炎症を引き起こす物質と炎症によって生じた物質をブロックする働きがあり、関節痛にはこれを処方する病院が多いです。
関節痛の中でも特に変形性膝関節症には、消炎鎮痛剤の中でも非ステロイド系の消炎鎮痛剤が多く使用されています。
即効性があるので、すぐに飲みたくなると思います。

しかし、非ステロイド系の消炎鎮痛剤は、胃痛や胸やけ、食欲不振などの副作用が出ることがありますので、胃腸系が弱い人が使用する際には注意が必要です。
病院では胃薬も一緒に処方してくれますが、それでも胃の不快感がとれないという方もいらっしゃるようです。
そのような方には消炎鎮痛の座薬もありますので、気になることは医師に相談し、対処方法を考えていくようにしてください。

また、関節痛の方には、痛みの他にしびれや筋肉のこわばり、不眠などさまざまな悩みを抱えている方が多いようです。
そのような場合には、それぞれの症状にあった薬も処方してもらえますので、受診する前に、どのような症状で悩んでいるのかなど、適切に伝えられるようにメモをしておくとスムーズにいくのではないでしょうか。

処方される消炎鎮痛剤ですが、これは必ず飲まなくてはいけないというわけではありません。
調子がよければ湿布剤だけにしたり、どうしても痛くてつらいときにだけ飲むなど、少しずつ量を減らしていけると良いでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0