This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛と湿布

関節痛と湿布

関節痛の痛みを軽減させる方法として一番簡単なのは、湿布を貼ることでしょう。
湿布を購入しに薬局へ行くと、さまざまな種類の湿布が売られていて、どの湿布にしようか迷ってしまうことでしょう。
もちろん効き目が高いものがほしいところですが、何を基準に選んで良いのかわからないですよね。

湿布には冷やすタイプと温めるタイプがあります。では、関節痛にはどちらのタイプの湿布を貼ると効果があるのでしょうか。

それは、関節痛というので選ぶのではなく、痛みの強さによって選びます。
関節の痛みがいつもより強いときには、患部が熱を帯びているので、冷湿布が有効ですし、強い痛みが取れて、慢性的な痛みになったら温湿布で患部を温めるようにするとより効果が高くなることでしょう。

といっても、これには体質によって向き不向きがあります。
特に温湿布には、とうがらし成分が入っているので、貼るとぴりぴりとした刺激があります。
これを気持ちいいと感じる人もいれば、強すぎて肌がかぶれてしまう人もいると思います。
さらには、冬には体が冷えて寒いのに、冷やすタイプなんて貼りたくないという方もいらっしゃることでしょう。

そんな方には、経皮吸収型鎮痛消炎剤という、冷温の区別がない湿布剤もありますので、使ってみてはいかがでしょうか?
現在、このタイプの湿布剤を使っている病院が非常に多くなりましたので、これからはこのタイプがメインになるかもしれませんね。
また、この湿布剤には持続時間が長いという利点もあります。

ただし、持続時間が長いからといって、長時間使用し、患部がかぶれてしまっては意味がありません。
湿布と同じ効果のある塗り薬や座薬などでも、痛みを軽減することができますので、手軽だからと肌に合わないものをつかうのはよくありません。

使ってみたいと思われた方は、病院でこれらの外用薬を処方してもらえるよう、医師に相談してみてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0