This page:関節痛の予防解消ガイド > 関節痛の理学療法に関して

関節痛の理学療法に関して

現在、関節痛の治療には、薬や湿布といった薬物による治療法のほかに、理学療法も行われています。
理学療法とは、機能が鈍くなった患部を機能回復のために行うリハビリテーションのことで、痛みを和らげるために人それぞれ、自分にあった治療法を取り入れていきます。

では、理学療法はどんなリハビリをするのかと言いますと、まず運動療法では、病院の中だけでなく家でも出来るように、マッサージや体操の仕方を指導してもらえます。
その他には、温熱や電気、光線、水などを使った物理療法もあります。

物理療法として主に行われているのが、首や腰の関節の変形(軽度)を矯正する牽引(けんいん)です。
これは、関節が縮んだことで痛みが生じている人には効果的な療法であり、縮まっている関節の周囲の軟部組織を伸ばしてくれます。

次に温熱ですが、「ウエルダー」と呼ばれるものがあります。
これは、微振動を与えながらマッサージをし、患部を温めていくもので、血行を促進し血液の循環をよくする効果があります。
しかしこれには磁気が入っているので、患部に金属が埋め込んである方は、使用することができません。
その場合には、「ホットパック」というものもありますので、医師と相談してください。
ただしこれらは、熱がある時に行うと、熱がさらにあがってしまう危険があるので、避けてください。

電気を使うものとしては、干渉電流療法や低周波などがあり、これらは筋肉を強化させたり萎縮するのを防止する役割をしています。
これにはマッサージ効果もあり、血行が改善されるので、むくみがある方は改善されることでしょう。
しかしこれにも条件があり、心臓にペースメーカーが入っている人や妊婦の人、発作が出る可能性のある人は行うことができません。
他に、炎症を抑えたり痛みを軽減させるためのレーザー治療などもあります。

どのメニューを行うかは、医師と相談して決めることになります。
治療を進めていく中で、少しでも自分にはあわないと感じたり、調子や気分が悪くなったときは直ちに報告しましょう。
自分にあった理学療法を取り入れて、少しでも関節痛の痛みを軽くしたいですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0