This page:関節痛の予防解消ガイド > 膝の関節痛を予防する

膝の関節痛を予防する

中高年になると、膝の関節痛を患う人が多くなります。
「今は痛くないから、私は大丈夫!」と思っていませんか?

膝の関節痛は、発症して間もない頃は膝に違和感を感じたり、少しこわばっているような感じをうけるのですが、それを全く感じさせない時もあるため、特に気にとめる方は少ないようです。
しかし、本当はこの時期に予防しておくと、進行を遅らすことができるのです。
たとえば、身体を冷やさない、正座をできるだけ避けていすにすわる生活を送る、クッション性の高い靴を履く、軽い体操をするなど、できるだけ膝への負担を軽くするようにします。

初期段階の症状である膝の違和感をそのまま放置しておくと、これが徐々に痛みへと変わっていきます。
そして、歩き始める時や立ったり座ったりする時、階段を上ったり降りたりする時などに、膝に痛みを感じるようになったら、すでに膝の軟骨が磨り減って、骨が変形してきていると考えられます。
このような状態になると、おそらく『変形性膝関節症』になっていると思われます。

変形性膝関節症は、軟骨の老化が主な原因ですが、そのほかには肥満気味の方に多く見られます。
人間が歩くという動作を行うと、膝には体重の2~3倍の力がかかっているのだそうです。
ということは、肥満傾向にある方は標準体重の方と比べると、膝にかかる負担はかなり差が出てくるということです。
膝の負担を少しでも軽くしてあげるためには、太らないようにしっかりと体重管理をすることも、予防の一つといえるでしょう。

膝が痛くては、外に出るのもおっくうになるでしょうし、何よりも日常生活に支障をきたしてしまうことでしょう。
膝関節痛は我慢せずに早めに治療しましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0