This page:関節痛の予防解消ガイド > 変形性膝関節症になりやすい脚とは?

変形性膝関節症になりやすい脚とは?

現在、膝の関節痛の中で最も発症率が高いのが、『変形性膝関節症』とよばれるものです。
変形性膝関節症とは、骨の老化や体型などの理由で、長い年月をかけて膝が変形するといわれている関節痛です。
とはいえ、高齢の方で肥満傾向にある体型の方なら誰もがなるのかと言えば、そういうわけではありません。

実は、変形性膝関節症になりやすいという方がいます。それは、若い時からその傾向が見られるのです。 一体なんだと思いますか?

それは、『脚の形』なのです。
美しい脚というのは、男性だけでなく女性でも思わず見とれてしまったりしますよね。
スカートをはいている時は何かと気にしていても、パンツスタイルになると安心して気が緩んでしまう…なんてことは、女性ならありますよね?

人間の脚は膝の形で、全体のバランスが決まってきます。
正常な人は、重心が膝の中心にかかるので、関節へかかる負担は少なくてすみ、このタイプの方は膝関節痛とは無縁と言ってもよいでしょう。

問題なのはO脚のタイプの人とX脚のタイプの人です。O脚タイプの人の膝は膝関節の内側、X脚タイプの人の膝は膝関節の外側に負担がかかってしまいます。
ゆえに、膝関節の内側や外側の摩擦によって、関節が痛み、関節痛になってしまうのです。

脚の形は膝関節の問題だけではなく、腰痛や肩こりにもつながっています。
悪い姿勢やスタイルを気にしないということは見た目の問題だけではなく、病気にもなりやすいといえるのではないでしょうか?。

脚の形を正常にすると、今までむくみやだるさのせいで寝付きが悪かったのが嘘のようになくなったといいます。
現在では、脚の形の矯正をしてくれるところも増えてきました。しかし、時間のある時に自分でできる矯正ストレッチや矯正体操なども効果があります。焦らず、まずはできることから、少しずつ初めてみてはいかがでしょうか?

 

cms agent template0037/0038 ver1.0