This page:関節痛の予防解消ガイド > 膝に水がたまるわけ

膝に水がたまるわけ

「膝に水がたまってたから、抜いてもらったの」という話を聞いたことはありませんか?
確かに人間の身体の60%は、水であるというぐらいですから、ありえないような不思議な話ではありませんよね。
しかし、この場合の水とは、『関節液』とよばれるもので、私たちの体にとって、とても重要な役割を果たしているのです。

それは、膝関節の潤滑油の役割をしており、これがないと、私達の膝は常にキシキシとした状態になってしまうのです。
では、なぜ膝関節にとって必要である関節液を、わざわざ抜かなくてはいけないのでしょうか?

もともと私たちが必要としている関節液の量は、正常な膝の方で、わずか1cc程度といわれています。
しかし、膝関節痛が悪化し、関節が変形してくると、炎症を起こして関節液がそこにどんどん溜まってくるのです。
しかも、溜まってしまった関節液は、溜まったまま吸収されることはありません。

そして、溜まった関節液をそのまま放置しておくと、膝に圧迫感や不快感を感じるようになってきます。
さらには、炎症がひどくなり、熱をもって腫れあがり、痛くなってくるのです。
そうなると歩くたびに膝が痛んだり、正座ができなくなってしまいます。

たいていの方が一度水を抜いても、また水が溜まって、また抜く…といった症状を繰り返します。
これは、癖になってしまっているのではなくて、関節の炎症がちゃんと治っていないからおこってしまうのです。
関節の炎症さえきちんと治せば、水が溜まることはなくなります。

医師が、溜まった水をぬくようにすすめるのは、関節の炎症がどれくらいひどくて、さらにはどのような病気が考えられるかを判断するためなのです。
自分の膝関節痛の状態を知り、炎症を早く鎮めるためにも、『溜まった水を抜く』ということはたいへん重要なことなのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0