This page:関節痛の予防解消ガイド > 人工関節置換手術とは?

人工関節置換手術とは?

一度患ってしまうと、やっかいな関節痛。
薬や注射、理学療法、運動療法…あらゆる事を試したのに良くならない…。
痛みのせいで日常生活もままならない…。
そんな関節痛の痛みから、一日でも早く開放されたい…そう思われていることと思います。

電化製品が傷んだり壊れたりすると、劣化した部品を修理や交換すれば、また元のようにちゃんと動いてくれます。
関節痛も同じように、痛んだ関節部分を新しく交換できたらいいのに…と思われている方も多いのではないでしょうか。

実は、これと同じ考え方の手術法で『人工関節置換手術』という手術があります。
『人工関節置換手術』は、その名前の通り、痛んだ関節を取り除いて、人工の関節を入れる手術になります。

でも、骨のかわりにいれる物って、一体どんなものなのか気になりますよね?
人工関節は、金属やセラミック、プラスチックからできていて、関節部分の固定には、一般的には骨セメントやネジが使われます。
また、特殊な人工関節には、このようなものを使わなくても固定できるようになっています。
どのタイプのものを使うかは、骨の状態や生活習慣によっても変わってきますので、医師と相談の上、決めることになります。

では、この手術の対象となる方はどんな関節痛をもつ方なのでしょうか?
現在、人工関節を入れることができる場所は、身体のほとんど、どの関節でも可能になっています。
しかし一般的に、股関節と膝関節が多いようです。
この二カ所の代表的なものとしては、関節リウマチ・変形性股関節症・変形性膝関節症などが対象となっています。

もちろん、関節の骨の部分を取り替えるわけですから、そう簡単に決めれることではないでしょうし、勇気のいることだと思います。
また、しばらく入院が必要にもなってきますし、術後のリハビリも長期にわたることになるでしょうから、当然、家族の手助けも必要になってきますので、医師や家族とよく相談をして、皆が納得した上で、手術できることが望ましいです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0