This page:関節痛の予防解消ガイド > 人工関節再置換手術を考える

人工関節再置換手術を考える

人工関節置換手術は、痛んだ関節を新しく入れ替えることで、関節痛の痛みに耐えてきた今までの生活とお別れし、この先の人生に希望をもたらしてくれます。
関節痛の痛みに耐えてきた方の中には、是非この手術を受けたいと希望される方も多いことでしょう。
しかし、この手術は、従来、高齢者を対象に行われてきました。
なぜなら、人工の関節というものは、寿命があり永久的なものではないからです。
手術を受ける際には、このことを頭にいれておかなくてはなりません。
人工関節の耐久性は約15~20年といわれていますので、若い時に手術をすると、この先、再度手術をうける必要がでてくるのです。

再手術の時には、人工関節の部品だけを交換すれば良い場合と、全てを交換しなければならない場合とがあります。
これは、その時の人工関節の状態にもよるのですが、手術後の生活習慣によっても、違ってきます。

手術後は、関節痛から開放されたからと言って、毎日を忙しく動き回っていたり、無理をしたりすると、早いうちに再手術になっても仕方ありません。
しかし、週に何日かはリハビリに行ったり、簡単なストレッチ運動をしたりなど、大事に生活すれば、人工関節の劣化も遅らせることができるでしょう。

一度手術を経験すると、再手術なんて考えただけでも嫌ですよね。
しかし、最近では年齢が若くても、人工関節置換手術をすすめる病院が増えてきました。
その考え方としては、関節痛の痛みに耐えながら楽しくない人生を送るよりも、今を楽しく暮らせたほうが幸せではないだろうかということです。
また、高齢になってからの手術は、リスクも高くなりますし、体力も筋力も衰えており、術後の回復にもやはり時間がかかります。
しかし、少しでも若い時期に手術をうけると、術後の回復も早く、また人工関節のゆるみも起こりにくいと考えられています。

手術を受けるかどうかを決めるのに期限はありませんので、じっくり考えて結論を出すようにしてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0